社会教育事業の開催報告(2013年度)

2014年2月11日 (火)

【開催報告】わくわくスクール~お泊り編~

当日は朝早くから20年に一度と呼ばれる雪が降りしきってました。

そのせいで電車やバスは大幅に遅れていました。しかし、そんな天候でも

参加予定の皆様は遅れながらも、みなさん来てくれました。

少し遅れて始まったわくわくスクールは、最初は人数も少なく、緊張しているためか

なかなか表情が硬かったのですが、体育やグループタイムなど遊ぶことで

どんどん参加者の表情が和らいでいきました。

午後は図工(お絵かきエコバッグ)をし、自分の好きなデザインをたっぷりの時間をかけて

描きました!できた作品はどれも素敵でした!!

Bag

その後は、子どもたちはグループごとに過ごす時間でしたが、男の子も女の子も

一緒にドッチボールやおにごっこなど体をいっぱい動かし、この時期でしたが、半袖に

なり、夢中になって遊んでいました。

夜は降雪のため、当初予定していたキャンプファイヤーは中止とし、室内でレクリエーション

をしました。内容はどれも楽しく、笑顔が終始絶えない時間となりました。

二日目のメインプログラムはつけ麺作り。親子で協力して、麺を粉からこねて作りました。

Dscf0161

出来上がった麺は、家族ごとに違っていましたが、どれも美味しそうにできていました。

そして、あっという間に解散の時間となりましたが、参加者の表情は集合のときとは

全く違い、充実した時間が過ごせたことが伺えました。

またみなさんとお会いできることをリーダー・スタッフ一同楽しみにしております!!

大変な天候ではありましたが、それでもご参加いただきまして、ありがとうございました。

2013年11月18日 (月)

【開催報告】リーダースキルアップ講座~子どもの遊びワークショップ~クリスマスにちなんだ 室内クラフト(11月17日開催)

Photo_3
Photo_4 
2012081213_174 
Photo_5
Photo_6
Photo_7

 11月17日(日)、「クリスマスにちなんだ室内クラフト」というテーマで、第6回 リーダースキルアップ講座が開催されました。

 ダンボールやボンド、紙粘土などの身辺材や、ウッドチップ、どんぐりやまつぼっくり、細長い木の枝などの自然素材を使ったクラフトを行いました。

 子どもでも取り組める工作ですが、今回の講座に参加した大人の皆さんも夢中になって素敵な作品を完成させていました。

上の作品例を見て下さい!
こんな素晴らしい作品を見ていると、思わず自分も作りたくなってきてしまいますね。

 講座では、子どもたちが工作に集中して取り組めるようにするための整理整頓の工夫や、子どもたちをわくわくさせるような工夫などについてもお話があり、学びの多い時間となりました。

 これで今年度の講座(第1回~第6回)は終了です。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!
リーダースキルアップ講座は来年度も実施する予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

2013年10月22日 (火)

【開催報告】リーダースキルアップ講座~子どもの遊びワークショップ~動物を通して自然を知ろう 環境教育アクティビティ(10月20日開催)

Photo_11

Photo_6
Photo_7
Photo_8
Photo_9
Photo_10 
10月20日(日)、今年度第5回目のリーダースキルアップ講座、「動物を通して自然を知ろう 環境教育アクティビティ」が開催されました。

当日は雨が降っていましたが、教室の中でもできる環境教育というコンセプトのもと、標本や写真、ぬいぐるみ等を用いて、参加者自身も様々なアクティビティ体験を楽しみながら、環境教育のアイデアを学ぶことができました。

講師としてお招きした、プロジェクトワイルドの日本代表コーディネーターである川原洋氏は海外での指導経験も豊富で、日本と海外での環境教育の考え方の違いについても言及し、本来環境教育とはどうあるべきなのかということについても考えさせられました。



第6回目の講座は11月17日(日)、「クリスマスにちなんだ 室内クラフト」です!
まだ参加受付募集中ですので、奮ってご参加ください。

2013年10月 1日 (火)

【開催報告】社会教育事業おやじと子のアウトドアライフ~キャンプを楽しもう編~(9月28~29日開催)

秋らしい清々しい天候に恵まれたキャンプでした。

社会教育事業は参加者が抽選で選ばれるため、当日の朝集合してきた親子は少し緊張した様子が見られました。

キャンプ初めのプログラムはレクリエーションでした。

キャンプディレクターの指導によるレクリエーションでは、ジャンケンなどを使った簡単なゲームの他、お父さんが動物のジェスチャーをするゲームなどが盛り込まれ、普段の生活とは異なるお父さんの一面を引き出しつつプログラムが進んでいきました。

お父さんたちが積極的にプログラムに関わってノリが良いリアクションを返してくれたということもあり、笑いがたくさん起きる時間となりました。

昼食を食べた後は、親子でオリエンテーリングに臨みました。

自然発見ゲームのほか、親子で同じ答えを出すクイズや、お父さんが絵を描くゲームなども親子お互いの知らない一面を引き出すプログラムを実施しました。

夕方になって、テント設営や野外炊さんをしました。

2012081213_277

どちらも親子で協力しつつ行っていましたが、特に力が必要な場面ではお父さんが活躍している姿があり、カッコイイお父さんの姿が見られまいた。

2012081213_526

野外炊さんではカレーライスと鶏の丸焼きを作りました。
特に鶏の丸焼きが完成したときは、美味しそうな焼色に歓声が上がっていました。
実際に出来上がったものもとても美味しかったです。

夜はキャンプファイヤーをして過ごしました。
次第に緊張感が取れてきたこともあってか、お父さんも子どもたちも弾けながらキャンプファイヤーに参加している姿が印象的でした。

2012081213_631

2日目になって、片付けをした後は最後に調理プログラムを行いました。

今回は粉からこねて作る「手打ちつけ麺」作りです。

最後のプログラムということもあり疲れも見られ少し大変そうでしたが、どの親子も美味しそうなつけ麺が完成していまいた。

2012081213_922

太さや長さはまちまちでしたが、手打ちらしい味わいを楽しむことができました。

1泊2日という短い時間でしたが、ステキな父子と過ごすことができた楽しい2日間でした。

2013年8月23日 (金)

【開催報告】イングリッシュキャンプ(8月16日~8月18日開催)

2012081213_767
Dscf0809
Dscf0853
2012081213_910
Dscf2434

8月16日(金)~18日(日)、2泊3日のイングリッシュキャンプを高尾の森わくわくビレッジにて行いました!
このキャンプは、「英語が苦手な人は英語を好きに、英語が好きな人はもっと好きになってほしい」という願いを持っています。
ネイティブスピーカーの講師、海外経験のあるボランティアリーダーと共に、キャンプ中のプログラムを基本的にすべて英語で進行しました。

初めは緊張も見られましたが、ニュースポーツ・アウトドアクッキング・プレゼンテーションなど、学校の勉強とは違って楽しみながら英語に触れていくなかで、だんだんと自信を持って英語を話せるようになっていたのが印象的でした。
グループ毎に、「ネイティブの先生にもっと話しかけよう」、「間違えることを恥ずかしがらないで話す」など、目標を持って取り組んでいました。

キャンプの最後のクロージングセレモニーでは、グループ毎に「friendship」、「memory」などのテーマに沿って英語の発表を行いました。
キャンプ二日目にもグループ毎に発表する機会があったのですが、そこでの良かったところと反省点をそれぞれ伸ばした発表ができていました。

イングリッシュキャンプが終わる頃、日本語で会話をしていてもところどころに英語が混じってしまう人をよくみます。
それぐらい英語が日常に溶け込んでいるということでしょうか。

この三日間のキャンプで英語にチャレンジしたこと、おともだちと協力しあい、笑いあったこと、いつまでも忘れずにいてください。
see you next time!

2013年8月16日 (金)

【開催報告】わくわくの森キャンプ(8月9日~12日)

8月9日~12日の3泊4日で「わくわくの森キャンプ」が開催されました。

小学3年生から6年生が対象で、子どもたち38名、リーダーが14名、スタッフ2名の総勢54

名の賑やかなキャンプでした。

キャンプ中は雷警報がしばしば発令され、プログラムを変更することになりましたが、大きな

怪我もなくキャンプを終えることができました。

一日目

キャンプの始まりは開村式。抽選で選ばれた子どもたちは、学校の友達や習い事の友達も

いないためか、とても不安そうな表情でした。

Dscf8844

そんな緊張しきったココロを解きほぐしていくために、まずはレクリエーションを行いました。Dscf8913

ゲームの中にはグループのメンバーの名前を知るようなゲームもあれば、お互いに協力しないと出来ないようなものがあったり、体を動かすものがあったりと、色んなゲームを1時間程遊んだら、しだいに笑顔が増えていきました。

その後はグループで過ごす時間としました。外で遊ぶ元気なグループもあれば、

テントにつける旗を制作するグループもありました。どのグループもやる事は違ったけれど、

お互いを知り合う時間でした。

Dscf9058 グループタイムの後は、大きなスイカを食べました。キンキンに冷やしたスイカは、暑さに少し元気をなくしていた子どもたちが、一気に元気になるほど美味しいものでした。また食べるだけでなく、スイカの種飛ばしをグループの中で競うところもありました。

種を飛ばして遊んだ後は、テントの設営。グループで友達の作業を手伝いながら、

各グループに二つのテントを設営しました。とても暑い中の作業でしたが、こまめに休憩や

水分をとり、完成した時には、テントの中で嬉しそうに飛び跳ねる子もいました。

夜はレクリエーション大会。まだまだグループの仲を深めていくために、レクリエーションは

Dscf9180_2グループで協力するものを多く取り入れました。写真のゲームは、シーツ一枚を使って、何かに見えるように案をたくさん出していき他のグループより多く出したら勝ち。というものです。右の物はマリア様に見せるため体に巻き付けてました。グループの皆で案を出し合う姿は、開村式の時とは全く違い、笑顔がたくさん見られた時間でした。

二日目

何といってもキャンプの最大イベント!川遊びに行きました。行きのバスから皆のテンション

はとても上がっていました。

Imga0224 この日は記録的な猛暑日でしたが、自然の川は本当に気持ちの良い水温でした。子どもたちは、初日に食べたスイカを綺麗にし、バケツ代わりに友達やリーダーにいっぱい水を掛け合いました。中には余程、水温が気持ち良かったのか、水に寝そべるグループもおりました。

Imga0263_2川で遊んだ後は、午後のクラフトで使用する自然の物(小石や枝など)を拾いました。その後は着替えを済まし、朝食後に作っておいたおにぎりをグループで頬張りました。自分で作ったおにぎりはいつもより美味しく感じました。

川から帰ってきたら、クラフトをしました。

川で拾ってきた自然のものや、デコレーショングッズをふんだんに使い、

オリジナルの写真立てをつくりました。どの写真立ても個性的なものが出来上がり、

素敵な作品になりました。

Dscf9412 この日の夕食はカレー作り。まずは薪割りを行い、火付け用の薪をつくりました。初めて薪割りをする子もいましたが、リーダーと一緒にやったので、誰も怪我することなくできました。野菜切りやごはんを分担し、協力してカレーを作っていきました。出来上がったカレーはどのグループも美味しそうな顔を浮かべていました。

三日目

朝食はパックドッグ。

Dscf9532 ホットドッグにチーズをトッピングをし、アルミホイルに包んで牛乳パックの中へ入れ、火をつけるだけで簡単にできる野外料理!簡単だけど、熱々のパックドッグを美味しそうに頬張っていました。

午前中はチョイスプログラム。

クラフト、アクティブプログラム、室内ゲームの3つの中から子どもたちは好きなものを選んで、他のグループの子と一緒にプログラムを行いました。チョイスが終わった時の子どもたちは、どのグループも楽しかったようで、自分たちのグループに戻ったあとも、

「こんなことしたよ!」とか「ろうそく作ったんだよ」等、報告し合っていました。

午後は本来であれば水鉄砲を使った、「わくわく水合戦」を行う予定でしたが、生憎の雷の

ため、室内のプログラムに変更しました。グループの枠を超えて、色んなこと関われる時間

となりました。

夕食はバーベキューパーティー。

いつものグループを離れ、Dscf0002_2 チョイスプログラムで出会った子や、レクリエーションで出会った子、自分のグループのリーダーだけじゃなく、他のグループのリーダーとも関わり、キャンプに一体感が生まれたように感じられました。

夜はキャンプファイヤーの予定でしたが、

これまた生憎の雷のため、室内に避難し、部屋の中でレクリエーションをしました。

Dscf0137_2 雷でキャンプファイヤーができなくて残念でしたが、子ども達もそれは仕方ない事として受け止め、積極的に楽しんでいました。
最後の夜だったこともあり、今までで一番
賑やかで、楽しいものとなりました。この日の夜はお話が弾んでしまい、ちょっとだけ夜更かしする姿も見られました。

四日目

キャンプの最終日、この日はグループごとに過ごす時間を多くとりました。最後まで外で遊

んだグループや、手紙を交換し合ったグループ。それぞれの過ごし方をしました。

Dscf0237その後、小学生キャンプだけでキャンプ中の写真をまとめたスライドショーを見ました。
笑いあり、涙あり?でキャンプを振り返っていくと、様々なことを思いだしていったようです。

3泊4日の長いようで短かったキャンプ。キャンプは、時にグループの友達とケンカしてしま

ったり、お父さんお母さんと離れるのが寂しかったり、楽しいことばかりではなかったかもし

れません。

でも、リーダーのお兄さんお姉さんやキャンプの仲間と一緒だったから、辛い事も悲しいこと

も頑張って乗り越え、最後はみんなが笑顔で終えられたんではないかと思います。この体験

が参加した子どもたちにとって、何か一つでも自身になり、それが日常の生活で繋がること

を願っております。

またいつかキャンプで逢いましょう。

2013年8月 5日 (月)

【開催報告】小学生のためのハローワーク「牧場編」(8月1日開催)

2012081213_034
2012081213_110
2012081213_229
Dsc_0154_2
Dsc_0358_2
8月1日(木)、磯沼牧場へ職業体験にいってきました!

当日は雨の予報で、集合の時点ですでに雨が降っていたのですが、プログラム中は見事に晴れました☆
参加者の皆さんの日頃の行いが良かったに違いありません!

お天気が良かったのは嬉しいことですが、シャツや汗ふきタオルがびしょびしょになるほど暑かったです。

そんな中、牛のお散歩、チーズ作り、乳搾りなど、みんなめげずに一生懸命お仕事に取り組みました。

牛のお散歩では、初めは牛が思うように歩いてくれませんでしたが、時間が経つにつれて、牛と参加者のみんなの心が通じ合えたのか、スムーズに進むことができていました。

最後はご褒美のバニラアイス♪
磯沼牧場の牛からもらったミルクで作られたアイスです。
「おいしかったよ、ありがとう。」
牧場の牛たちに向かって、きちんとお礼を言いました。

動物たちがなるべく幸せに育っていけるように、また、多くのお客さんに喜んでもらえるように、磯沼牧場の方が行っている様々な工夫を学びました。

人が働くことの背景には、人の温かい気持ちがそれを支えているというのをひしひしと感じ取ることのできた1日でした。

2013年8月 4日 (日)

【開催報告】小学生のためのハローワーク「鉄道編」(7月24日開催)

2012081213_031
2012081213_121
2012081213_265
2012081213_507
2012081213_518
2012081213_550_2
7月24日(水)、京王電鉄の若葉台車両基地へ、お仕事体験にいってきました!

普段は何気なく乗っている電車ですが、電車の安全で快適な運行の背景には、多くの方の働きが支えとなっていることを学びました。

実際に車両の点検や、ネジの緩み具合のチェック等を体験させてもらったことで、新しい気付きや発見がありました。
工場の方のお話も熱心に聞き、メモをたくさんとっている子もいました。

質疑応答のコーナーでは、かなりマニアック(?)な質問も次々と飛び出しましたが、さすがはプロ、丁寧に教えて頂きました。

今日感じることのできた、働くことの大変さと尊さについて、いつまでも忘れずにいて下さい。

2013年7月24日 (水)

【開催報告】ひとり親家庭のためのわくわくスクール~日帰り編~ (7月21日開催)

短い時間でしたが、色んなプログラム盛りだくさんの一日でした。

わくわくスクールの始まりは、校長先生の和やかなあいさつから始まりました。

一時間目はレクリエーション。色んな家族の人とジャンケンをしたり、体を動かしたりして

気がつけば、うっすらと汗ばむほど熱中しました。

その後は皆でおしゃべりを楽しみながらお弁当を食べ、

午後はデザートピザ作り。

粉から生地を作り、一度生地を焼きました。

ピザ窯の前はとっても暑かったけど、子どもたちは自分で作ったピザ生地を

自分たちで窯に入れました。その生地にお好みでたっぷりとトッピング!

フルーツやクリームをたくさん乗っけて、口いっぱい頬張りました。

その後、大人たちはまったりと交流会。

子どもたちはボランティアリーダーとはらっぱで大暴れ!汗をいっぱいかきながら、

思いっきりあそびました。

一日という短い時間でしたが、とっても内容の濃い一日となりました。

2013年7月17日 (水)

【開催報告】社会教育事業おやじと子のアウトドアライフ~デイキャンプ編~(7月15日開催)

当日は天気がとても良く、暑い気候の中での開催となりました。

抽選で集まった20組の親子はまずレクリエーションをして楽しみました。

緊張している子どもたちも、お父さんと一緒に遊ぶ中で、次第にたくさんの笑顔が見られてるようになっていました。

お父さんたちも、普段での生活ではあまり見せない、童心に帰ったような姿を見せて頂けたのでとても盛り上がったレクリエーションとなりました。

01

レクリエーションの後は、野外炊さん場に移動してお昼ご飯作りです。

まずは、火をつけるために薪割りに挑戦をしました。

少し危ない作業ではありましたが、親子で協力をして取り組んでいたので、しっかりと火つけ用の薪を作ることができていました。

02_3

今回のデイキャンプではカレーライスと鶏の丸焼きを作りました。

カレーライスでは、具材を少し工夫したり、飯ごうでご飯を炊いたりしました。

鶏の丸焼きではダッヂオーブンを使いました。

初めて使った方も多く、少し苦戦していましたが、出来上がった鶏の丸焼きは全て美味しそうに仕上がっていました。


03

04

 その後は、親子で本格的な紙飛行機作りに挑戦しました。

 バルサ材(木)でできた本体に、羽などの部品をとりつけていくタイプの物ですが、子どもたち以上に、お父さんたちが真剣になっているのが印象的でした。

 完成した飛行機は原っぱで飛ばして楽しみました。


05

 遠くに飛ばしたり、ながーく飛ばしたり、うまくいったり、いかなかったり・・・

 色々な飛行機がありましたが、親子で楽しそうに取り組んでいました。

 とっても暑い中でのデイキャンプでしたが、みなさん元気に参加して頂き本当によかったです。

 またわくわくビレッジでお会いできる日を楽しみにしています。



 
 

その他のカテゴリー

ユーススクエア(2017年度) ユース・スクエアの開催報告(2017年度) ユース・スクエアの開催報告(2005年度) ユース・スクエアの開催報告(2006年度) ユース・スクエアの開催報告(2007年度) ユース・スクエアの開催報告(2008年度) ユース・スクエアの開催報告(2009年度) ユース・スクエアの開催報告(2010年度) ユース・スクエアの開催報告(2011年度) ユース・スクエアの開催報告(2012年度) ユース・スクエアの開催報告(2013年度) ユース・スクエアの開催報告(2014年度) ユース・スクエアの開催報告(2015年度) ユース・スクエアの開催報告(2016年度) ユース・スクエアの開催報告(2017年度) ユース・スクエア(2005年度) ユース・スクエア(2006年度) ユース・スクエア(2007年度) ユース・スクエア(2009年度) ユース・スクエア(2010年度) ユース・スクエア(2011年度) ユース・スクエア(2012年度) ユース・スクエア(2013年度) ユース・スクエア(2014年度) ユース・スクエア(2015年度) ユース・スクエア(2016年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2005年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2006年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2007年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2008年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2009年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2010年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2011年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2012年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2013年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2014年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2015年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2016年度) 文化スポーツ教室の開催報告(2017年度) 文化スポーツ教室(2005年度) 文化スポーツ教室(2006年度) 文化スポーツ教室(2007年度) 文化スポーツ教室(2008年度) 文化スポーツ教室(2009年度) 文化スポーツ教室(2010年度) 文化スポーツ教室(2011年度) 文化スポーツ教室(2012年度) 文化スポーツ教室(2013年度) 文化スポーツ教室(2014年度) 文化スポーツ教室(2015年度) 文化スポーツ教室(2016年度) 文化スポーツ教室(2017年度) 社会教育事業(2017年度) 社会教育事業の開催報告(2005年度) 社会教育事業の開催報告(2006年度) 社会教育事業の開催報告(2007年度) 社会教育事業の開催報告(2008年度) 社会教育事業の開催報告(2009年度) 社会教育事業の開催報告(2010年度) 社会教育事業の開催報告(2011年度) 社会教育事業の開催報告(2012年度) 社会教育事業の開催報告(2013年度) 社会教育事業の開催報告(2014年度) 社会教育事業の開催報告(2015年度) 社会教育事業の開催報告(2016年度) 社会教育事業(2005年度) 社会教育事業(2006年度) 社会教育事業(2007年度) 社会教育事業(2008年度) 社会教育事業(2009年度) 社会教育事業(2010年度) 社会教育事業(2011年度) 社会教育事業(2012年度) 社会教育事業(2013年度) 社会教育事業(2014年度) 社会教育事業(2015年度) 社会教育事業(2016年度)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー