社会教育事業の開催報告(2012年度)

2013年2月24日 (日)

【開催報告】わくわくスクール~日帰り編~ 「ギュッとした一日でした!」

010_2

Dscf9948_3

天気に恵まれ、晴天の中で「わくわくスクール~日帰り編~」を開催しました。

朝10時に集まり、16時には解散という短い時間でしたが

その内容はギュッと詰まっていて

体育の時間はレクリエーション!色んな家族と知り合えました!

家庭科は親子でラーメン作り、親子の共同作業で絆を深めました。

その後は、親子が分かれ、親は交流会でお茶やお菓子をつまんでまったりと~。

子どもたちはボランティアリーダーと原っぱで大騒ぎ!

時間は短かったけど思い出一杯の一日となりました。

2012年12月10日 (月)

【開催報告】わくわくアートコンテスト

12月8日にわくわくアートコンテストの表彰式が行われました。

わくわくアートコンテストは小学生~大学生までを対象とした

木材を使った立体作品のコンテストです。

テーマは「生き物」。

毎年個性豊かな作品の応募がたくさんあります。

第8回目をむかえた今回は、466作品の応募がありあました。

1次審査では作品の写真で審査を行い、30点の入選作品が選ばれました。

本審査は、実物の作品で審査をしました。

最優秀賞をはじめ、「京王グループ賞」や「八王子市民活動協議会賞」などの各賞が決定しました。

2013年度には、「第9回わくわくアートコンテスト」を行う予定です。

ぜひぜひチャレンジしてみてください。

Dscf8330_2Photo 

2012年9月26日 (水)

【開催報告】おやじと子のアウトドアライフ~キャンプを楽しもう編~

2012年9月22~23日の1泊2日で、

「おやじと子のアウトドアライフ~キャンプを楽しもう編~」が開催されました。

子どもたちもお父さんも、最初は少し緊張した様子でしたが、

レクリエーションで色々なゲームをしたり、

外で、グループごとに鬼ごっこなどをして遊んでいるうちに、

笑顔がたくさん見られるようになりました。

ネイチャーゲームをしたり、

おやつにかき氷を食べたりして過ごした後は、

親子、グループで協力をしてテントを建てました。

初めてテント設営する人も多かったようでしたが、

お父さんが力を発揮し、子どもたちも一生懸命やっていたので、

どのテントもキレイで立派に完成していました。

夕食には、野外炊さんでカレーを作り、

その後キャンプファイヤーで楽しみました。

ここまでは、なんとか晴れていたのですが、

夜中、テントの中で寝ているころに雨が降ってきて、

2日目は強い雨となってしましまいました。

グループタイムは、外で遊ぶことができなくなってしまったので、

室内でハンカチ落としをしたり、クラフトのブーメランを飛ばしたりして過ごしました。

2日目のメインプログラムはうどん打ちです。

親子で協力して、粉を混ぜ、こねて、うどんの生地を作り、麺棒でのばして、ゆでてて・・・・

はじめて挑戦する親子も多かったですが、

どのうどんもとてもおいしそうに完成していました。

最後に、子どもからお父さんへの手紙を入れた記念品を渡して

このキャンプは終わりました。

2日間という短いキャンプではありましたが、

お父さん、子どもたち、それぞれのステキな笑顔をたくさん見ることができました。

Dscf4874_3

Dscf5040_2

Dscf4909_2

2012081213_697_2

2012年8月24日 (金)

【開催報告】小学生のためのハローワーク 「ホテル編」

012 068 098

眺めのよい高層階の大広間やスイートルームで、どきどきわくわくのハローワーク体験をしました☆

笑顔やお辞儀の練習、配膳体験、ナプキンの飾り折り、ベッドメイキングなど、様々な「初挑戦」に積極的に取り組んでいました。初めは緊張も見られましたが、グループのリーダーやメンバーと打ち解けていくにつれて、楽しむ余裕も出てきていたようです。

「ホテルの仕事は想像以上に大変・・・」などの感想も聞こえましたが、「お客様に喜んでもらえること」が大きなやりがいとしてホテルマンの働きを支えているという、働くことの尊さもわかってもらえたと思います。今日様々な事にチャレンジしたように、今後も自分の興味を持ったことにどんどんチャレンジしていってください!

--------------------------------------------------------------------------

○イベント区分:当日のみ
○対象年齢区分:小学校4年生~小学校6年生
○カテゴリー:社会教育事業
○定員:30名

--------------------------------------------------------------------------

2012年8月21日 (火)

【開催報告】 わくわくの森 YOUTH CAMP

「わくわくの森 YOUTH CAMP」は中高生を対象としたキャンプです。


1日目の朝、集合してきた子どもたちの表情は、
小学生とはまた違った緊張感で満ちていました。

Imgp9327
参加者は皆抽選で選ばれたということもあり、きっと見知らぬ仲間との生活に不安があったのだと思います。

それでも、生活を共にするボランティアのリーダーを中心として、同じグループの仲間と話をしたり、プログラムを進めていく中で次第に笑顔がたくさんに見られるようになってきました。


1日目のプログラムは、レクリエーション、ニュースポーツ(キンボール)、テント設営、野外での焼きそば作りを行いました。Imgp9575

プログラムを楽しんでいる姿だけでなく、プログラムを通じて、仲間との会話が増えていく様子が印象的でした。




2日目は川に行く予定だったのですが、あいにくの雨だったので、川は翌日に延期となりました。

Imgp9897_2 
川が無くなってしまったからと言って、やることが無いということはありません。
午前中は最後の夜に開催する予定のキャンプファイヤー
(キャンプ中は、LNFP~Last Night Fire Party~と呼んでいましたが・・・)
において、グループごとに何か出し物をすることになっていたので、その話し合いや練習をしていました。



午後は、チョイスプログラムといって、個人でプログラムを選ぶ時間を持ちました。
「クラフト(ろうそく作り)」「外遊び」「ソング&トーク」と3つのプログラムに分かれたのでずが、
「クラフト」と「外遊び」に人気が集中してしまい、「ソング&トーク」は無くなってしまいました。

「クラフト」では、ろうを溶かしてクレヨンで好きな色に染め、
好きな形の型に流し入れ、冷やして固めるというろうそく作りを行いました。
完成した作品はどれもとてもキレイで、ステキナろうそくができました。Imgp9944_2

「外遊び」では、額に金魚すくいの「ポイ」をつけて、水鉄砲で撃ち合う遊びをしました。
このころには、雨も上がって外で遊ぶことができていたのですが、
みんな川に行けなかったウップンを晴らすかのように、撃ち合っていたので、
まるで川に行ったかのようにびしょ濡れになっていました。



夜は、キャンプファイヤーをしました。
最終日の「LNFP」とは違い、色々なゲームをして楽しみました。
Imgp0077
このキャンプファイヤーでは、グループによる対抗ゲームをしたのですが、通常の生活グループでなく、クジによって決まった男女混合のグループでゲームを進めていきました。
初めて交流する仲間もいて、最初は消極的な人もいましたが、炎がゆらめくキャンプファイヤーの雰囲気も手伝って、
最後は大盛り上がりの時間となりました。


3日目の午前中は、2日目に行けなかった川に行きました。
夏真っ盛りで、わくわくビレッジもとても暑かったのですが、Imgp0248_2
川に入るととても冷たく、自然の凄さを肌で感じながら楽しみました。
子どもたち同士、リーダー、スタッフ・・・とにかく水を掛け合って遊び、夏らしい楽しい時間となりました。

午後は、2日目のキャンプファイヤーのグループで対抗ゲームをしました。
実は、このグループは最後の夕食のカレーを一緒に作るグループとなっていて、カレーの特別食材をゲットするために、協力してゲームに臨みました。
ドミノ倒し競争や、絵リレーなどのゲームを行いましたが、印象的だったのは、ゲームの勝ち負けだけでなく、仲間との交流を楽しんでいる様子が多く見られたことです。
YOUTH CAMPらしい雰囲気が徐々にできているなと感じました。

P1010839 カレー作りも、ただ作るだけでなく、作っている仲間との時間を大切にしているようでした。
YOUTH CAMPでは、かまども自分たちで作るのですが、
そのかまどを取り囲むようにイスを持ってきて、カレーができるのを待ちながら、仲間どうしで会話をする・・・。
こういった時間から新たな仲間ができていくのだろうなと感じました。

そして最後の夜は、「LNFP」です。
「劇」「一発芸」「歌」「コント」「ゲーム」「ダンス」など様々な出し物があり、グループだけでなく、子どもたちだけの発表や、リーダーの発表もありました。
みんなで、最後の夜を楽しい時間にしよう!という気持ちも伝わってきて、おもしろく、少し感動的なステキな時間となりました。

最終日は、テントや荷物を片付けたあと、みんなで流しそうめんをしました。
わくわくビレッジの竹林から竹を切って来るところから初めて、竹を半分に割ったり、
節を抜いたり、そうめんをゆでたり、ネギを切ったり・・・
この頃には、リーダーが指示をしなくても、それぞれが様々な役割に積極的に関わり、まるでひとつの家族のような雰囲気となっていました。


最後の閉村式を終えた後にも、なごり惜しそうに会場に残って、仲間との会話をしている様子が見られとても印象的でした。
Imgp0232

今回参加をしてくれた、25人のYOUTH CAMPの子どもたちにとってどんなキャンプとなったのでしょうか?
何か、一つでも成長するきっかけとなったキャンプであれば、私達スタッフ、リーダーにとっても嬉しいかぎりです。

来年も開催する予定です。
一回り大きくなった姿で会えるのを楽しみにしつつ、新たな仲間との出会いにも期待しています。

【開催報告】わくわくの森キャンプ

Dscf2872 Dscf2926 Dscf3152 P8130108 P8150429 P8150516 今年もわくわくの森キャンプが開催され、
日に日に笑顔になっていく子どもたちがとても印象的でした!

キャンプでは緊張をほぐせるようなゲーム大会や、暑い中で協力してたてたテント、初めてやった薪割りで火を付ける。
その他にも夜のわくわくビレッジを巡って悪の帝王を倒した「わくわくクエスト」やカレーの食材をゲットする「わくリンピック」、そして三日目の夜には、皆が楽しみにしていたキャンプファイヤー。
キャンプファイヤーでは、各グループで考えた出しものを発表してもらいました。
どのグループの発表もステキで、劇やお笑いショー、歌に踊りを付けたりと楽しいものばかりでした。皆の前で発表するということで、緊張している様子でしたが、終わった時には何か自信が付いたような表情でした。

わくわくの森キャンプは終わってしまいましたが、他にも色んなイベントがあります。
また素敵なリーダーや仲間に会いに遊びにきてください。

2012年8月16日 (木)

【開催報告】小学生のためのハローワーク 「鉄道編」

09413_4 0887_2 03910_2

期間  8/8(水)

京王電鉄の若葉台車両基地にてお仕事体験をしてきました。
普段何気なく使っている電車ですが、お客さんの安全で快適な旅を支えるために、車両基地のみなさんが日々どれだけの苦労をしているのかを目の当たりにした一日でした。
車両の点検や清掃作業を体験をしましたが、工場の方々のいうことをしっかりと聞いて、「お仕事」として真剣な顔で取り組んでいたのが印象的でした。
自分たちがピカピカにした車両の番号をチェックしていた子もいました。もし運よくまた乗ることができたらうれしいですね!
今日のハローワークで触れることのできた働くことの大変さと尊さを、いつまでも忘れないでいてください。

--------------------------------------------------------------------------

○イベント区分:当日のみ
○対象年齢区分:小学4年生~6年生
○カテゴリー:社会教育事業
○定員: 30人

--------------------------------------------------------------------------

【開催報告】イングリッシュキャンプ2012

201206_512 20120812_391 20120812_260_2 

期間  8/11(土)~8/13(月)

ネイティブスピーカーの講師や海外経験のあるボランティアリーダーのもと、2泊3日のイングリッシュキャンプが行われました。
初めのうちは不安や緊張でなかなか英語で話すことのできなかったキャンパーもいたようですが、ゲーム・スポーツ・アウトドアクッキング・プレゼンテーションなど、学校の勉強とは違って楽しみながら英語に触れていくなかで、だんだんと自信を持って英語を話せるようになっていたのが印象的でした。
「明日はもっとネイティブ講師に話しかける」、「明日はご飯の時間中も英語で話す」など、グループごとに目標を毎日考えていて、キャンパーの英語に対する意欲の高さが
伺えました。
グループのチームワークも日を追うごとに高まり、閉会式のタレントショーではグループごとに団結してひとつのことに取り組んだ成果が見られ、非常に感動しました。
解散後もお別れをするのがさみしく、なかなか帰ることができませんでした。この三日間、英語にチャレンジしたこと、ともだちと一緒に過ごしたこと、いつまでも忘れずにいてください!

--------------------------------------------------------------------------

○イベント区分:宿泊
○対象年齢区分: 中学生
○カテゴリー:社会教育事業
○定員: 35人

--------------------------------------------------------------------------

2012年8月 7日 (火)

【開催報告】子どもの遊びワークショップ リーダースキルアップ講座~夏にそなえよう!キャンプファイヤー実践法~

Dscf9228 Dscf9258 Dscf9398 三連休の最終日、外にいるだけで汗をかいてしまうような暑さの中
リーダースキルアップ講座の第六回目が行われました。

参加者の中には来週本番のキャンプファイヤーを実践する方もおり
熱心に耳を傾けてくれました。
講座では、実際にキャンプファイヤーの薪を組み、トーチ棒の作りました。
また座学での学びや、ゲームの体験など盛りだくさんの内容でした。

今年度はこれが最後のリーダースキルアップ講座となりました。
参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。
皆様の現場で役に立つことを私たちは願っております。

子どもの遊びワークショップ リーダースキルアップ講座は来年度も実施をする予定です。
皆様のご参加をお待ちしてます。

2012年7月15日 (日)

【開催報告】おやじと子のアウトドアライフ~デイキャンプ編

夏の始まりのようなとても暑い天気の中、

デイキャンプが開催されました。

抽選で選ばれた20組の父子は、

集合時、少し緊張した面持ちでしたが、

レクリエーションを通じて次第に全体が楽しい雰囲気になり

笑顔がたくさん見られるようになりました。

01

お昼はグループごとに、「変わりカレー」と「鶏の丸焼き」を作りました。

薪を割って火を起こしたり、

ダッチオーブンで料理をしたり、

子どもたちもとてもがんばっていましたが、

お父さんが〝男らしさ”を見せて大活躍の時間でした。

02_3

その後は原っぱで遊んだり、

プラモデルのような紙飛行機を作って飛ばしたりと

子どもたちだけでなく、お父さんも一緒に

童心に戻って楽しむことができました。

短い時間でしたが、

お父さんと子どもたちの

たくさんの笑顔が見られた1日となりました。

その他のカテゴリー

ユーススクエア(2017年度) | ユース・スクエアの開催報告(2017年度) | ユース・スクエアの開催報告(2005年度) | ユース・スクエアの開催報告(2006年度) | ユース・スクエアの開催報告(2007年度) | ユース・スクエアの開催報告(2008年度) | ユース・スクエアの開催報告(2009年度) | ユース・スクエアの開催報告(2010年度) | ユース・スクエアの開催報告(2011年度) | ユース・スクエアの開催報告(2012年度) | ユース・スクエアの開催報告(2013年度) | ユース・スクエアの開催報告(2014年度) | ユース・スクエアの開催報告(2015年度) | ユース・スクエアの開催報告(2016年度) | ユース・スクエア(2005年度) | ユース・スクエア(2006年度) | ユース・スクエア(2007年度) | ユース・スクエア(2009年度) | ユース・スクエア(2010年度) | ユース・スクエア(2011年度) | ユース・スクエア(2012年度) | ユース・スクエア(2013年度) | ユース・スクエア(2014年度) | ユース・スクエア(2015年度) | ユース・スクエア(2016年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2005年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2006年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2007年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2008年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2009年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2010年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2011年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2012年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2013年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2014年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2015年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2016年度) | 文化スポーツ教室の開催報告(2017年度) | 文化スポーツ教室(2005年度) | 文化スポーツ教室(2006年度) | 文化スポーツ教室(2007年度) | 文化スポーツ教室(2008年度) | 文化スポーツ教室(2009年度) | 文化スポーツ教室(2010年度) | 文化スポーツ教室(2011年度) | 文化スポーツ教室(2012年度) | 文化スポーツ教室(2013年度) | 文化スポーツ教室(2014年度) | 文化スポーツ教室(2015年度) | 文化スポーツ教室(2016年度) | 文化スポーツ教室(2017年度) | 社会教育事業の開催報告(2005年度) | 社会教育事業の開催報告(2006年度) | 社会教育事業の開催報告(2007年度) | 社会教育事業の開催報告(2008年度) | 社会教育事業の開催報告(2009年度) | 社会教育事業の開催報告(2010年度) | 社会教育事業の開催報告(2011年度) | 社会教育事業の開催報告(2012年度) | 社会教育事業の開催報告(2013年度) | 社会教育事業の開催報告(2014年度) | 社会教育事業の開催報告(2015年度) | 社会教育事業の開催報告(2016年度) | 社会教育事業(2005年度) | 社会教育事業(2006年度) | 社会教育事業(2007年度) | 社会教育事業(2008年度) | 社会教育事業(2009年度) | 社会教育事業(2010年度) | 社会教育事業(2011年度) | 社会教育事業(2012年度) | 社会教育事業(2013年度) | 社会教育事業(2014年度) | 社会教育事業(2015年度) | 社会教育事業(2016年度)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー